設立の理念

  • 自然農法の普及拡大
  • 環境浄化の推進
  • 社会福祉への貢献

以上3つを達成する目標に基づき、社会の要望に応えられる高品質な製品の「研究開発」と「製造・販売」を目的とする。

経営方針・行動指針

経営方針

  • わたしたちは、自然の営みを尊重し、共存共栄の社会づくりに貢献します。
  • わたしたちは、安全な食糧生産のため、自然農法、有機農業の普及を図ります。
  • わたしたちは、健康で豊かな生活ができるように、環境問題に積極的に取り組みます。

行動指針

  1. 行動の規範
    わたしたちは、自己の利益を優先させるのではなく、他者を思いやる気持ち、 他社から喜んでいただけることを第一として行動します。
  2. 顧客満足の追求
    わたしたちは、顧客の満足が事業の原点であることを認識しています。 品質、コスト、技術情報の提供などあらゆる面でお客様に満足いただける製品、 サービスの提供を追及します。
  3. 法令遵守・公正な事業活動
    わたしたちは、関係法令、社会的規範を遵守し、社会の構成員として倫理、 良識に則り公正な事業活動を行います。
  4. 環境重視の事業
    わたしたちは、環境浄化、環境保全に役立つ商品開発、事業を積極的に行います。 人間だけでなく、地球上すべての命、植物や動物たちにも視点をおいて行動します。
  5. 個人の尊重と活力ある職場環境
    わたしたちは、人権を守り、従業員の多様性、人格、個性を尊重し、 安全第一を基本に活力ある職場環境づくりに努めます。

企業情報

会社概要

所在地 本社工場
〒421-1223 静岡県静岡市葵区吉津666
TEL/FAX TEL.054-277-0221 FAX.054-277-0099
設立 平成 11年 4月 1日
EM研究所は(財)自然農法国際研究開発センターの事業部門として平成3年に設立しましたが、平成11年に株式会社として独立しました。
従業員数 15名 (平成22年7月現在)
資本金 5,000万円
代表取締役社長 黒田 達男
業務内容 [1] 微生物を活用し製造した土壌改良材などの農業用資材の販売
[2] 微生物を活用し開発した商品の販売
[3] 微生物処理による消臭及び汚水処理などに関する業務
[4] 農業技術及び微生物活用技術に関する出版事業
[5] 上記各号に付帯する一切の事業

アクセスマップ

沿革

平成3年
(財)自然農法国際研究開発センター事業部としてEM研究所設立(静岡市吉津678)
平成5年
微生物土壌改良資材  EM・1 EM・2 EM・3 発売
平成6年
事務所移転(静岡市吉津666)新工場竣工
平成7年
書籍「EMでつくる家庭菜園」発刊
平成7年
環境マガジン「エコ・ピュア」発行
平成11年
株式会社EM研究所設立(資本金1000万円)
EM・1 EM・2 EM・3 有機JAS適合資材
平成12年
家庭用清掃・消臭資材 EMW 発売
平成13年
菜園EMパウダー 発売
書籍「EMでいきいき家庭菜園(サンマーク出版)」発刊
平成15年
EM・1 畜産用A飼料 取得
平成18年
環境マガジン「エコ・ピュア」休刊
EM情報室  Webマガジン『Webエコ・ピュア』公開
平成19年
EM7 発売
平成20年
増資(資本金5000万円)
平成22年
天然ストチュウ 発売